アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

不定期更新!?(*´з`) 庶民派のウイスキーをソーダ割(ハイボール)で飲んだ時の感想をザックリと綴ってます。気になるけど1本買うのはちょっと...って言うのがあればコメント頂ければ、飲んでザックリな感想を書きます。あまり高いのは...ですよ(*´з`)

【バーボン】EARLY TIMES(アーリータイムズ イエローラベル)

今回のウイスキーは?

「アーリータイムズ」!

 

価格は約1,000円位のお手軽バーボンです。

これは見た事ある人の方ほうが多いのではないですかね?

 

f:id:od3673:20210112235430p:plain

 目次

 

お手頃バーボン

「EARLY TIMES」

 

黄色いラベルが特徴のアーリータイムズ。

 

何処でも売っている印象のあるウイスキーです。

ミニボトルも出ているので、キャンプなんかにも便利です(*´з`)

 

さて、お味の方が気になります(*´з`)

気になるお味のほうは?

アーリータイムズ イエローラベル(EARLY TIMES)

 

香りは「バーボン」って感じ。

アルコール香よりもバーボン特有の濃厚な甘い香り。

お手頃ですがしっかりバーボン。

 

口に含むと「パンチ」の効いたスパイシーな口当たりですが、暫くするとスーっと引いていき、程よい甘さが残ります。

 

バーボンの良いところはソーダで割っても力負けしない濃厚さ!

スパイシーさは和らぎ甘さが際立つ。(*´з`)って感じです。

 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆☆☆(5段階)

 

アーリータイムズ イエローラベル(EARLY TIMES)

 

誕生以来、アメリカに息づく開拓者魂と共に、このバーボンウイスキーは歩んできた。


蒸気機関の時代に始まり、エレクトロニクス、情報技術へと社会が進化を遂げる中にあって、いつの時代も多くの無名な開拓者とともにアーリータイムズはいる。

 

1860年、南北戦争の前年にケンタッキー州に設立された蒸溜所は、”Early Times Method”(昔ながらの製法)でウイスキーを造るという信念の元、アーリータイムズ蒸溜所と名付けられた。
また、アーリータイムズには「開拓時代」という意味もあり、創業当時のフロンティアスピリッツへの思いも込められている。
この伝統に忠実なウイスキーは、激動期にあったアメリカの開拓者たちの良き友として、常にその傍らに在り続けたのだ。

アーリータイムズ蒸溜所は、1920年に禁酒法が施行されたことにより、その他の蒸溜所同様、存亡の危機に瀕する。

しかし、従業員であったサールズ・ルイス・ガスリーがブランドを守るべく意を決して私財を投げ打ってアーリータイムズの商標権、在庫を買い取り、秘密の倉庫にウイスキーを隠すことで、伝統を途切れさせなかった。
その後、医師が処方する薬用ウイスキーとして認可されたことで、例外的に広く飲まれるようになり、アメリカ国内でも有数の販売数を誇るバーボンウイスキーとなった。

そして現在、アメリカ国内だけでなく世界でも愛されるブランドとして、アーリータイムズは在り続けている。

アーリータイムズが、時代を超えて愛されてきた理由のひとつは、アメリカの激動期に誕生し、その開拓者精神を常にたたえてきたからかもしれない。

「開拓者の良き友として」誕生したアーリータイムズは、世界中の人々に愛されているロングセラーバーボンとして、これからも現代のフロンティアスピリッツとともに生き続ける。

 

www.asahibeer.co.jp

自己紹介

www.whiskeywhisky.work