アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

不定期更新!?(*´з`) 庶民派のウイスキーをソーダ割(ハイボール)で飲んだ時の感想をザックリと綴ってます。気になるけど1本買うのはちょっと...って言うのがあればコメント頂ければ、飲んでザックリな感想を書きます。あまり高いのは...ですよ(*´з`)

【ジャパニーズ】戸河内(Togouchi)

今回のウイスキーは?

「戸河内(Togouchi)」!

 

最近ちょくちょく見るウイスキーの一つ「戸河内」

 

 

多分戸河内の中ではエントリーモデルのやつだと思います(*´з`)

フルボトルで2,000円位なので、エントリーモデルにしてはチョット高めですよね?

 

そんな「戸河内」ミニボトルを発見したので速攻で購入に踏み切りました(*´з`)

 

 

 

 目次

 

戸河内

「戸河内」

 

f:id:od3673:20210708223435j:plain

 

中国醸造株式会社さんが作っているウイスキー

広島県廿日市(はつかいち)市にある会社です。

 

中国醸造さんのウイスキーは初めてです。(*´з`)

 

 

さて、どんな味に仕上がっているのか気になります(*´з`)

 

気になるお味のほうは?

「戸河内(Togouchi)」

 

香りは、ふわっと香る、甘い香り!

よく嗅がないと気付かない程度?!

 

口に含むと、苦みが先行します、そして苦みが残ります…

 

ソーダで割ってみると、やはり苦い( ゚Д゚)。

 

香りの印象のホロ甘とは違い、ほろ苦いウイスキーでした(*´з`)

 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆(5段階)

 

戸河内(Togouchi)

 

f:id:od3673:20210708224508p:plain

 

揺るぎない味を生み出すブレンダーの技と感性。

創業当初からウイスキーづくりに取り組み、100年以上もの長い歴史の中で大切に受け継いできた蒸留技術。
確かな技と繊細な感性を併せ持つブレンダーが、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの個性を見極め、引き立てながら、程よいピート香がありつつもマイルドに仕上がるようブレンドしています。
瀬戸内海からの暖かい風と山から吹きおろす冷たい風で一年を通して気温差が大きく、
熟成が早く進む桜尾貯蔵庫と、鉄道用として使われていたトンネルを生かし、四季を問わず冷涼な気温を保ち時間をかけて熟成する戸河内貯蔵庫。
それぞれの豊かな自然環境のもとで、樽はゆっくりと呼吸をしながら時を重ね、ブレンデッドウイスキー「戸河内」ならではの美しい黄金色と独特な香り、味わいを生み出していくのです。

www.sakuraodistillery.com

自己紹介

www.whiskeywhisky.work