アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

不定期更新!?(*´з`) 庶民派のウイスキーをソーダ割(ハイボール)で飲んだ時の感想をザックリと綴ってます。気になるけど1本買うのはちょっと...って言うのがあればコメント頂ければ、飲んでザックリな感想を書きます。あまり高いのは...ですよ(*´з`)

【ジャパニーズ】サントリー RED Malty & Rich Flavor

今回のウイスキーは?

「RED Malty & Rich Flavor」!

結構昔からあるウイスキーですよね~!

 

サントリーの「レッド」です(*´з`)

 

 サントリーウイスキーレッド

見た事ある人多いんじゃないですか?

 

  

 目次

 

1930

「RED」

 

 

このウイスキーの前身は1930(昭和5)年に発売されたサントリー「赤札」―つまり「白札」の弟分です。 

との事。

 

今でいう「ホワイト」の弟分って事ですね(*´з`)

 

では早速飲んでみましょう(*´з`)

 

気になるお味のほうは?

RED Malty & Rich Flavor

 

香りはアルコール感が漂います(*´з`)

口に含むと香りから思っていたよりも甘さを感じる事が出来ます。

アルコール感も香りほどは感じませんが、そこそこなアルコール感です。

 

ただ、希望小売価格884円 640mmを考えるとそんな物なんかではないかと思います。(*´з`)

 

 

よく安い酒はハイボールで!!なんて見ますけど、ソーダ割に限って言えば、ストレートの方が良い気はします。

ソーダで割ると微かに感じた甘さもどっかに行ってしまい、薄くしたアルコール!!!

って感じになっちゃいます(*´з`)

 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆(5段階)

 
 

RED Malty & Rich Flavor

 

日本の食卓をパッと明るくする赤いラベルの晩酌ウイスキー。

樽で熟成させた琥珀色の液体が、豊かな夕べを開きます。このウイスキーの前身は1930(昭和5)年に発売されたサントリー「赤札」―つまり「白札」の弟分です。

食中酒の雄をめざして年々改良を続け、最もすっきりとした飲み口のジャパニーズウイスキーとして完成の域に近づいています。

 

products.suntory.co.jp

自己紹介

www.whiskeywhisky.work