アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

毎週土曜日更新!飲んだ事のあるウイスキーをソーダ割におすすめ出来るか?綴ってます。今後はウイスキー以外も登場するかも?

居酒屋さんがサントリー祭り 第3弾「サントリー ローヤル」

今回のウイスキーは?

「サントリーローヤル」

 

「ローヤル」は多分初めて。

ウイスキーにハマる前にも、ちょっとお高めだった事もあり飲んだ記憶はありません。

居酒屋さんに感謝!

 

 

 

リザーブより高め!

 

 目次

 

1960年生まれ

私が生まれる前からある「ローヤル」

「高級志向」のウイスキーとして1960年発売開始。

 

ボトルデザインも高級を思わせる形をしています。

 

気になるお味の方は?

これもビックリ!

長く売れているのには「訳」がある訳。

ギャグじゃないです…3回目。

 

角やリザーブとは違い。

上品な甘さが口の中に広がります。

 

ここで気付きます。

オールドはバーボン

リザーブはグレンフィディック等のフレッシュ系

ローヤルはマッカラン等の王道系

 

を目的に作っていたんだろうと?!

 

あれ?

アイラ系は???…

 

 

おススメの飲み方は、自分好みの飲み方で!

自分の好きな飲み方でお酒を楽しみましょう!! 

 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆☆☆(5段階)

 

 このウイスキーにおススメ炭酸水

 

サントリーローヤル

ローヤルは、サントリーの創業者であり、初代マスターブレンダーである鳥井信治郎の最後にして最高の名作です。日本人が本当においしいと感じる味わいを求め続け、彼が完成させたブレンド比率はまさに「黄金比」と呼ぶにふさわしい極み。人間が美しいと感じる造型が黄金の比率からできているよう に、ローヤルもまた「黄金比」のブレンドから生まれます。

 

サントリーの創業者である鳥井信治郎は、「大阪の鼻」と呼ばれるほどの鋭い感性を持ち、初代マスターブレンダーとしてさまざまなウイスキーをつくりだしてきました。信治郎の鼻については、サントリーの社史『やってみなはれ』に次のように記されています。

 

終戦直後、信治郎の家には進駐軍の将校が毎晩のように集まってきたが、信治郎は、彼等の持っている煙草の銘柄を、目をつぶって匂いをかいだだけで当てたという。
評判のよくなかったアメリカの罐入りビールを信治郎は必ずしも悪く言わなかった。香りが良いと言う。「きき酒コンクール」では、いつでも同席する人たちを圧倒した。
「ええ匂いいうもんは、やっぱりウンコの匂いが入ってんとあかんのや」
と言っていた。香料界ではひとつの常識になっているようだが、こんなことも信治郎は自分で発見していた。嗅ぎあてた。 丁稚時代から調合の訓練をしていたといっても、やはり「大将の鼻」は偉大であった。
(山口瞳『やってみなはれ』戦前編)

自己紹介!

 

www.whiskeywhisky.work