アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

不定期更新!?(*´з`) 庶民派のウイスキーをソーダ割(ハイボール)で飲んだ時の感想をザックリと綴ってます。気になるけど1本買うのはちょっと...って言うのがあればコメント頂ければ、飲んでザックリな感想を書きます。あまり高いのは...ですよ(*´з`)

【南アルプスワインアンドビバレッジ株式会社】のウイスキー飲み比べ(*´з`) はちくま(蜂角鷹)3種・くまたか(角鷹)・ふえふき(笛吹)・ゆいつ(唯一)

今回のウイスキーは?

今回は「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」!

特集!!!

 

f:id:od3673:20200923182148j:plain

 

実はこの記事で「100記事目」(*´з`)

 

世間では「地〇ウイスキー」等と酷い言われ方をしているウイスキーの一つではないでしょうか。

そして「オイオイ、なんで100記事目がこの会社なんだよ!!!」( ゚Д゚)

って思うウイスキー好きの方は沢山いらっしゃると思います。

、それは置いておいて…

 

 目次

 

南アルプスワインアンドビバレッジ(株)

「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」

 と言えば、当ブログで何度か紹介しているウイスキーを作っているメーカーさんです。

 

過去記事はこちら↓

 

www.whiskeywhisky.work

 

 

www.whiskeywhisky.work

 

 

www.whiskeywhisky.work

 

 

www.whiskeywhisky.work

 

過去記事も見てみても4本は買っています。

 

4本の購入価格は税込みで3,500円以下。

このメーカーさんの良いところは商品価格が安い!!!( ゚Д゚)

お手頃を通り越して最早「格安」

そしてこの価格帯の中では「飲みやすい」のが特徴だと思います。

 

私が知っている(飲んだ事がある)物でも既に6種類。

熟成されている訳でもないのに、種類が有りすぎる…

 

って事で、どんな感じな商品で銘柄によってどう違うのか?

って言うのを、ザっと書いていこうと思います。

はちくま(蜂角鷹)3種・ゆいつ(唯一)

「はちくま(蜂角鷹)」

この「はちくま」にはなんと三種類あります。

①はちくまクリア

②はちくま

③はちくまファインブレンド

 

 

どれも「モルト・グレーン・スピリッツ」から作られています。

①②のはちくまはアルコール 37%

③のファインブレンドは 40%。

 

この三つに共通するのは、「梅酒」ぽい。

香りもそうですが、味も梅酒っぽい。

 

梅酒っぽさ

③<①<②の順ですが、③のファインブレンドは若干樽っぽさがある気がします。

ウイスキーとしてどうか?て言われると微妙ですけど、ソーダで割ると飲みやすい(*´з`)

まるで梅酒のソーダ割(*´з`)

 

そして、この「はちくま」に似ているのが、

「ゆいつ(唯一)」

香りと味といい、中身は「はちくまクリア」ではないかと思っています。

原料は「モルト・グレーン・スピリッツ」そしてアルコール 37%と一緒。

瓶に入っているお酒の色も同じ...

最早、個人的に疑う余地はありません。

多分「はちくまクリア」のラベル違いです(*´з`)

 

この4銘柄にそこまでの差はないような気はしますので、その時売っている安い「はちくま」を買えば十分な気がします。

 

くまたか(角鷹)・ふえふき(笛吹)

「くまたか(角鷹)」と「ふえふき(笛吹)」

 

この2銘柄は先の4銘柄と違い「モルト・グレーン」から出来ていて、アルコールは40%と、やっとウイスキーらしくなってきた感じがあります(*´з`)

 

「くまたか(角鷹)」

の方は、やはり「はちくま」と似たような、匂いや味に梅酒感がありますが、若干の甘みがある様に感じられます。

 

 

「ふえふき(笛吹)」

笛吹は一応ラベルに書いてある通りなら、3年樽熟成ブレンド!

確かに他の銘柄に比べると香りは樽っぽい甘い感じがします。

一番梅酒感が少ない商品のような気はしますが、なんとなく「くまたか(角鷹)」と同じような雰囲気があります。

 

なので「くまたか(角鷹)」と「ふえふき(笛吹)」ならどっちか安い方を買えば良いと思います。

 

2銘柄とも、なんとなく「サントリー」のホワイトに似てる気はします。

ホワイトの方が安いですけどね・・・(*´з`)

 

 

最後に

「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」さんの商品で思う事は、樽に梅の木(梅樽)を使っているのではないか?!

って思うほどの梅感!!

 

「プラム ザ バレル」!!!

 

なんちゃって...。

そんな冗談も言いたくなるくらいの梅感です。

 
そして、「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」のウイスキーはどれが一番買いなのか?
って事ですが、梅酒好きなら「はちくま」
樽っぽさなら「笛吹」って感じです。 
あとは好みの問題かと・・・ 
 
そして、「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」から、ワンランク上のウイスキーが販売されているのを目撃しました。( 一一)
 ですが、暫くは買いません。
 
 
本音の個人的感想は
 
「はちくま(蜂角鷹)」シリーズと「ゆいつ(唯一)」(モルト・グレーン・スピリッツ)
 
 
「くまたか(角鷹)」「ふえふき(笛吹)」(モルト・グレーン)
 
 
美味しい・不味いとかの話ではなく、
多少の違いはあれど「ほぼ同じ・・・」(T_T)って感じです。

私はブログの為に買い揃えてみましたが、銘柄によって味の変化があまりないので、同じ物を何本も持っている感じになります(´;ω;`)

日頃ウイスキーを飲む順番も「お手頃」→「中価格」→「高価格」→「飲みたいヤツ」で飲み進めていく私は、同じお酒を何本もストックするタイプでは無いのでちょっと、いやだいぶショック!!を受けました( ゚Д゚)

 

そんな「南アルプスワインアンドビバレッジ(株)」のウイスキー特集でした。

※安いからって興味本位で買い揃えると思っていたよりも、似たような味で痛い目みるぜ(*´з`)

自己紹介

www.whiskeywhisky.work