アラサーからウイスキーに嵌った人が、ソーダ割に合うウイスキーを探すブログ…です(*´Д`*)

不定期更新!?(*´з`) 銘柄や産地に忖度する事なく感想を綴るウイスキーブログ。スコッチ、ジャパニーズ、アメリカン、カナディアン、台湾と県をまたぐ移動どころではなく国をまたぎまくってます(*´з`)

【スコッチ】Ballantine’S AGED 7 YEARS (バランタイン 7年)

今回のウイスキーは?

「Ballantine’S AGED 7 YEARS (バランタイン 7年)」!

 

今年発売された新商品ですね。

発売当初はSNSで色々な方が紹介してました(*´з`)

 

そんな「バランタイン 7年」を今更綴りますよ~(*´з`)

 

 

 

 目次

 

7年

「バランタイン 7年」

 

今回の「バランタイン」は「7年」+「バーボンフィニッシュ」

との事。

 

 

そして「バランタイン」と言って私が思い出すのは「12年」

コストパフォーマンスがものすごく高い一本。

何って「美味い」

 

www.whiskeywhisky.work

 

こんなコスパ最強レベルの「12年」よりも30円安い(店頭価格で)「7年」。(*´з`)

 

どんな味に仕上がっているのか気になります(*´з`)

 

気になるお味のほうは?

「Ballantine’S AGED 7 YEARS」

 

仄かに香る樽香にバニラの様な甘い香り。

あれ?バーボン要素があまり感じない?

確かに「バーボンバレル」とは言え、バーボンにも様々有りますので風味程度かもしれない…

 

口に含むと、思っていたよりアルコールの辛みが(*´з`)

「バランタイン」はスムースに入ってくる!と勝手にハードルを上げていた様です( 一一)

 

「バーボン」と言えば、あの強烈な甘い香りに味を思い浮かべますが、ちょっと違いました。

そもそも「バーボン」は作る時の原料比率が違いあの味になって行くので、樽その物にそこまで味や香りが付くものでは無いのかも?

でも「シェリー」とかは結構色や味が付きますよね?

その他の「バーボンバレル」を飲んでみたいですね(*´з`)

 

ソーダで割ってもバーボンらしさは感じずですが、これは「ストレート推し」です!

ソーダで割ると、甘さもどこかに行ってしまいます(*´з`) 

 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆☆(5段階)

 

Ballantine’S AGED 7 YEARS (バランタイン 7年)

 

「バランタイン」は、スコットランドのハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラの4つの地方の厳選されたモルト原酒とグレーン原酒を使用した、スコットランドを代表するブレンデッドウイスキーです。

ブレンダーの匠の技によるバランスのとれた気品ある優雅な香りと味わいに、世界中のウイスキーファンから高い評価をいただいています。

 同ブランドの熟成年数を記した商品には、「17年」「21年」など、さまざまなラインナップがありますが、その元祖は初代マスターブレンダーであるジョージ・バランタインが1872年に世に送り出した「7年」です。

長い年月を経て、今回、新たに「バランタイン7年」を発売することで、同ブランドのさらなるファン拡大を図ります。

●中味・パッケージについて
中味は、オーク樽で7年以上熟成させた厳選モルト原酒をバーボン樽で後熟させることによる、スコッチらしい端正な熟成感とバーボン樽由来の芳醇な香りが融合した味わいが特長です。

黒と金を基調としたデザインで「バランタイン」らしい王道感や高級感を表現しつつ、力強さを感じさせるパッケージに仕上げました。

 

www.suntory.co.jp

自己紹介

www.whiskeywhisky.work