アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりおすすめソーダ割ウイスキーブログ…

不定期更新!?(*´з`) 庶民派のウイスキーをソーダ割(ハイボール)で飲んだ時の感想をザックリと綴ってます。今後はウイスキー以外も登場するかも?

ウイスキーの賞味期限は?開けた後の味の変化と保管方法は?

今回のウイスキーは?

今回はズバリ!

 

ウイスキーの開けた後の味の変化について、ちょっとだけ書きたいと思います。

理屈じゃなくて、なんとなくね…

 

ネット上にも色々書かれていますが、その辺のやつを集めた訳ではなく、私の保管方法(ごくごく一般的な保管方法)でどうなったのか?

 

って感じのやつです。

 

 目次

 

私の保管

保管方法と言っても、台所の出窓に置いているだけです。

 

環境は

・東向き出窓

・直射日光は当たらない

以上。

 

味の変化

 味の変化はズバリ!

どのウイスキーもありました。

 

ウイスキーそのものが持っている特徴が際立つ感じがします。

 

良い方に転ぶものもあれば、悪い方に転ぶほうもありました。

 

 

コルク栓は注意!

比較的お手頃価格のウイスキーはコルク栓ではなく、スクリュー式のキャップになっていると思います。

このスクリュー式は私のような雑な保管の仕方でも問題ない気はしますが、コルク式のキャップは注意です。

 

私はなるべく1週間に一度はコルクを湿らせる為に、瓶をひっくり返しておりましたが、ひっくり返した時に若干中身が漏れるのです。

 

そうお気付きの通り、「コルクが乾き隙間が出来ている」と言う事になります。

 

これだと、賞味期限が実質無いと言われているウイスキーも飲むのに耐えがたい味になる訳です。

 

実感して分かること

なんで、飲むのに耐えがたい味になったのを知っているかと言うと、やってしまった訳なんですよ。

 

張り切って買った「ジョニーウォーカー ブルーラベル」

 

 

勿体なくて、開封後なかなか手を出さずにいた訳です。

おそらく気温も関係しているとは思いますが、最初の2-3ヵ月は美味しく飲めていたんですが、ある日を境に(ひっくり返すのをサボっていて2-3ヵ月)味が豹変!!

 

香りも風味も抜けてました!!

ただアルコールって感じに…(´;ω;`)

 

だから、保管方法って大切!!

って事でした。

 

自己紹介!

 

www.whiskeywhisky.work