アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりウイスキーブログ…

毎週土曜日更新!飲んだ事のあるウイスキー(感想は全部ソーダ割)をザックリ綴るブログ。今後はウイスキー以外も登場するかも?

お手頃価格で助かります。「TEACHER‘S」ハイランドクリーム

今回のウイスキーは?

「TEACHER‘S」ハイランドクリーム!

お手頃価格の「TEACHER‘S」!!

 CMもよく見かけます!! 

 

 目次

 

ブレンデッドのスコッチ

ブレンデッドスコッチのティーチャーズ。

 

店頭でもよく見かけ、割とお手頃価格。

そして「スモーキー ハイボール」と謳われて広告しているヤツ!

 

て、言ってもお手頃価格ですからね…

 

気になるお味の方は?

「TEACHER‘S」ハイランドクリーム!

 

安い!安過ぎる。

味よりも先に金額の事を書いてしまいました。

 

穂のかに香る正露丸臭、価格も考えると私的には◎

確かに「いわゆる良い物」に比べれば、味に奥行きは感じられませんが、

飲みたい時にガンガンいける(値段設定)!

美味い!

 

おススメの飲み方は、自分好みの飲み方で!

 

味の違いもいつも通りの方が分かり易いですし。

私の場合、ロック・ストレートで3~4杯も飲んだら、すぐ夢の中に行ってしまいますので。皆さんもお好きな飲み方でどうぞ!

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆☆☆☆(5段階)

 

おススメ炭酸水

 

「TEACHER‘S」ハイランドクリーム!

「ティーチャーズ ハイランドクリーム」は150年以上にもわたり英国で、そして世界で愛されつづけている歴史あるブレンデッドスコッチ。アンドリュー・アッシャーが1860年にモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混和した、史上初のブレンデッドウイスキーを開発して間もなくの1863年に誕生している。

この名品を生んだブレンダーはウィリアム・ティーチャー。ウイスキーの品質がまだ玉石混淆の時代だった。彼の“ハイランドクリーム”はブレンデッドならではの品質が安定した優れたウイスキーとの評判を呼び、また厳格で誠実な人柄もあって、名字がいつの間にか尊称となり“先生のスコッチ”として英国中で愛されるようになる。さらには“The Light of Scotland”と謳われ、その輝きは“Golden Glow”(黄金の輝き)と表現されるほど。そして時代になびくことなく、現在も変わることなく、ハイランドモルトを中核にした古典ともいえる伝統的な香味を伝えつづけている。

 

f:id:od3673:20190622190452p:plain

 

ハイランドモルトであるアードモアモルトをキーに、約30種類のモルトウイスキーを使用。グレーンウイスキーは原料がトウモロコシのもの2タイプ、そして小麦1タイプの3種をブレンドに使用している。
150年以上、ブレンドの技を伝承しつづけ、その香味づくりはブレンデッドスコッチの王道と呼べるものである。

www.suntory.co.jp

 

自己紹介!

ここから先は固定ぺージ。

 

30代からウイスキーにハマりだし、徐々にウイスキーの深い深い世界へと引きずり込まれ始め…気付けば結構なお金をお酒に使っているアラフォーの私。

 

そして、私はなんでも「ソーダ割」にしてしまいます!

安いのから高いのまで、なんでも!!

の為、感想はほぼ「ソーダ割」での感想です。

よく「勿体ない!!!」

と言われますが本人が楽しめているんで問題なし!

初物はちゃんとストレートで頂きますよ!一杯目だけ。

 

※飲んだら乗るな、飲むなら乗るなは当たり前、そして飲んでも飲まれるな!飲まれたい時(そういう時ありますよね?)は自宅で!お酒はマナーを守って周りに迷惑を掛けないように楽しく飲みましょう。

 

ウイスキーの醍醐味!個性の塊シングルモルト!!

 

ウイスキーと言えばシングルモルト!

そう!私は、個性が大好き!。

アイラ系を代表する「ラフロイグ」「アードベッグ」とかの正露丸臭にはまり、

一時は正露丸臭が無いと…のような状態になりました。

 

が!!

 

最近では、何を飲んでも「美味い!!」と思うようにもなってしまいました。

好みはありますけどね♪

 

ただ美味い物は美味しい!そんな感じで綴っています。

 

ザックリとした感想しか書いていませんが、もし気になるウイスキーがあったら、是非お試し下さい!きっとソーダ割でも満足できるはず?です!

 

※体が資本です、飲み過ぎには注意しましょう。

 

 

byアラサー アラフォー