アラサーからウイスキーにハマった人が綴る、ざっくりウイスキーブログ…

毎週土曜日更新!飲んだ事のあるウイスキー(感想は全部ソーダ割)をザックリ綴るブログ。今後はウイスキー以外も登場するかも?

唯一無二、オンリーワンのバーボン!「ブラントン」

今回のウイスキーは?

「ブラントン」!

ケンタッキー州が育んだウイスキー

バーボンウイスキー!

 

ブラントン シングルバレルバーボン 750ml

ブラントン シングルバレルバーボン 750ml

 

 

お洒落な瓶です。

 

 目次

 

 

シングルバレルとは?

シングルバレル?って。

他の樽のバーボンと混ぜないで作るウイスキー。

 

1つの樽からしか作らない、オンリーワン!バーボン。

さらに長期熟成でまろやかとの事。

果たしてどうでしょう?! 

 

気になるお味の方は?

「ブラントン」

さすがの長期熟成でまろやか。

バーボン特有の甘さに程よいコク。

余韻もいい具合に残り、美味い!!

 

ソーダ割に良く合います!

 

ワイルドターキーを始めて飲んだ時も驚きましたが!

ブラントンにもビックリ!!

本当に美味しいです!

  

おススメの飲み方は、自分好みの飲み方で!

自分の好きな飲み方でお酒を楽しみましょう!! 

 

ソーダ割 おススメ度 ☆☆☆☆☆(5段階)

 

 このウイスキーにおススメ炭酸水

[炭酸水]サントリー 天然水 南アルプス スパークリング 500ml×24本

[炭酸水]サントリー 天然水 南アルプス スパークリング 500ml×24本

 

 

ブラントン

 

ブラントンはケンタッキーの水があって初めて生まれる

ブラントンが生まれたフランクフォート周辺は、ライムストーン層をくぐり抜けた良質のスプリングウォーターに恵まれている。この清冽でピュアで引き締まった湧水が、ブラントンの仕込み水。アパラチア山脈に降った雨が湧水となり、ケンタッキーの空気と太陽を取り込みながら流れていく水。そのケンタッキーの自然の営みが、ブラントンが生まれる第一条件となっている。

 

秋から冬にかけて、仕込みは始まる

ブラントンは、秋から冬にかけて仕込まれる。これは仕込み水となるスプリングウォーターの温度が夏には上がり過ぎて発酵が不安定になるからである。樽に注ぎ込まれ、ウェアハウスに貯蔵されたブラントンにも細心の注意が払われる。ゆっくりとその熟成のピークを迎える年月がすばらしい品質を生みだすのである。

 

フランクフォート市制200年を記念して誕生し、今に引き継ぐ

スーパープレミアムバーボン・ブラントンは、1984年、ケンタッキーの州都フランクフォート市の市制200年を記念して誕生した。ケンタッキーにたどり着き、激動の時代を乗り越え、ウェスタンカルチャーを生み出した開拓者たちに心から敬意をこめて、ケンタッキーダービーのダービー馬と騎手をキャップに冠した八面体のボトルに入れられている。ブラントンは、エンシェントエイジ社のディスティラリーに40年間勤め「ディーン・オブ・ケンタッキー=ケンタッキーの長老」と呼ばれたバーボンづくりの名人、アルバート・ブラントン大佐の名をとって生まれた。そして、大佐のバーボンづくりの技法を身体にしみ込ませた愛弟子、エルマー・T・リーによって世に出されたのである。今、その巧みな技術は、若きマスター・ディスティラー、ハーレン・ウィートリーに引き継がれている。

 

H倉庫で神の手に委ね、時を待つ

ブラントンとなる原酒は4回の夏を越すまでに、マスター・ディスティラーを含む少なくとも3名の官能検査員が、味わい、深み、香りを毎年確かめて、ブラントンにふさわしい予感を秘めた樽を選び出す。彼ら全員の厳しい判定を通った樽だけが、AからZまであるウェアハウスのH倉庫に移され、再び熟成の時を待つ。ブラントンがH倉庫のみで貯蔵される理由は、「芸術はデータに置き換えられるものではなく、そしてそれは、今まさに神の手に再び委ねられているから。」原酒たちは、ここでチャコール・フレーバーに円熟味を加え、静かに呼吸を繰り返し、神にその取り分を捧げながら、さらに4回のブルーグラスサマーを経験し、ブラントンになるのである。

 

こだわりのシングルバレル

通常、バーボンは味の均一化のためいろいろな樽原酒をブレンドする。しかしシングルバレルバーボン・ブラントンは厳しいチェックにパスした原酒をただひとつの樽からのみボトリングする。たとえ同じブラントンとなる原酒の樽であっても混ぜ合わせることは決してしないのである。1樽の原酒からは約250本のブラントンだけ。選ばれた原酒はマイナス1度まで冷却され、16枚の特殊フィルターでろ過されボトルに詰められる。

 

手書きラベルに記された手作りの証し

ブラントンのラベルは、1枚1枚手で書き込まれる。すなわち、ひとつとして同じラベルはない。すべての工程を手作業で行うその証であり、唯一無二の誇りでもある。ラベルには、こう書かれている。

f:id:od3673:20190714195745p:plain

【ラベル訳】
ボトル1本1本が、ブラントンディスティリングカンパニーにおいて登録されております。このボトルの登録番号は、<273>番です。 ディスティルド&ボトルド・バイ・ブラントンディスティリングカンパニー フランクフォート、ケンタッキー

このバーボンウイスキーは、<2007年12月15日>に樽番号<437>、<H>倉庫の<12>段目で貯蔵されていたものから取り出されたものです。アルコール分<93>プルーフ(46.5%)で1本1本厳選され、ろ過し、びん詰めされたものです。ケンタッキーストレートバーボンウイスキー。アルコール分46.5%。

 

ブラントンのボトルキャップをかざる8種のサラブレッド

ブラントンのボトルキャップは、ケンタッキーダービーのサラブレッド、8種類のフィギュアを冠している。グラスを傾けながらそれぞれの名馬の雄姿をお楽しみいただきたい。

 

www.takarashuzo.co.jp

 

自己紹介!

ここから先は固定ぺージ。

 

30代からウイスキーにハマりだし、徐々にウイスキーの深い深い世界へと引きずり込まれ始め…気付けば結構なお金をお酒に使っているアラフォーの私。

 

そして、私はなんでも「ソーダ割」にしてしまいます!

安いのから高いのまで、なんでも!!

の為、感想はほぼ「ソーダ割」での感想です。

よく「勿体ない!!!」

と言われますが本人が楽しめているんで問題なし!

初物はちゃんとストレートで頂きますよ!一杯目だけ。

 

※飲んだら乗るな、飲むなら乗るなは当たり前、そして飲んでも飲まれるな!飲まれたい時(そういう時ありますよね?)は自宅で!お酒はマナーを守って周りに迷惑を掛けないように楽しく飲みましょう。

 

ウイスキーの醍醐味!個性の塊シングルモルト!!

 

ウイスキーと言えばシングルモルト!

そう!私は、個性が大好き!。

アイラ系を代表する「ラフロイグ」「アードベッグ」とかの正露丸臭にはまり、

一時は正露丸臭が無いと…のような状態になりました。

 

が!!

 

最近では、何を飲んでも「美味い!!」と思うようにもなってしまいました。

好みはありますけどね♪

 

ただ美味い物は美味しい!

そんな感じで綴っています。

 

byアラサー アラフォー